お問合せ 011-706-6741

活動成果

お知らせ

 蓄熱の科学と工学に関する国際シンポジウム2022~蓄エネルギー技術としての蓄熱技術の最前線

お知らせ

2022.08.19

日本伝熱学会(北海道大学大学院工学研究院・JST COI-NEXT共催)では以下の通り、

「蓄熱の科学と工学に関する国際シンポジウム2022~蓄エネルギー技術としての蓄熱技術の最前線」を開催いたします。

 

本シンポジウムでは、蓄エネルギー技術としての蓄熱技術(通称:カルノーバッテリー/蓄熱発電)をメイントピックスとして、蓄熱技術の科学と工学に関する国内外の最先端の研究・開発事例を俯瞰し、実装に向けたビジョンを議論します。

初秋の札幌にて、大勢の方のご参加をお待ちしています。

詳細はこちら>開催概要をご覧ください。

 

【主催】        日本伝熱学会

【事業名】       蓄熱の科学と工学に関する国際シンポジウム2022~蓄エネルギー技術としての蓄熱技術の最前線

【日時】        2022年9月5日(月)15:00~19:15

【方式】        オンサイトとオンラインのハイブリッド開催

【言語】        日本語/英語(同時通訳)

【オンサイト会場】   北海道大学工学部オープンホール

【オンライン会場】          Zoomを使用予定(会場リンクは参加登録者のみに後日配布)

【参加申込サイト】   https://ec-convention.com/tesse2022/

【参加費】       5000円(税込み)

【参加申込〆切】    2022年8月26日(金)

【お問合わせ先】    北海道大学 大学院工学研究院 

            ロバスト農林水産工学国際連携研究教育拠点 

            Email: HU_kyousou※eng.hokudai.ac.jp (※を@に)

 

*コロナ感染の状況によっては、完全オンラインで実施する可能性がございます。あらかじめご了承頂きますようお願い致します。

 
↑